音響や照明、レコーディング、音楽ビジネスについての専門知識を養うことができます。プロ仕様の機材の扱い方をマスターし、現場で使えるスキルを身につけます。

学内外での多彩なイベントで、実践的に音響や照明を扱い、現場でのニーズを体感しながら技術を身につけます。

また、音楽業界のビジネスについての知識も幅広く修得します。

レコーディング専攻

アーティストの情熱までも完全収録。

高度なテクニックを自分のものに。

デジタル音楽プレーヤーなどの普及で、より多くの楽曲をいろんなシーンで楽しむことができるようになりましたが、これはレコーディングというプロセスがあるからこそ。もちろん、音楽を載せるメディアがあるかぎり、録音という作業は永遠に不滅。そのほかマスター制作、映像とのコラボレーションなど、レコーディング技術のエキスパートの存在感は増すばかりです。

Curriculum

  • ●DAWトレーニング
  • ●MA基礎
  • ●録音スタジオワーク
  • ●録音オペレート技術
  • ●サウンドメイキング技術
  • ●電気知識
  • ●音楽知識
  • ●ミキシングトレーニング
  • ●MA実践
  • ●クリエイティブプランニング
  • ●業界進出対策
  • ●ミキシングテクニック
  • ●サウンドメイキング技法
  • ●録音アシスタント実践
  • ●レコーディングオペレート実践
  • その他就職対策科目

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

Field

レコーディングエンジニア

レコーディングエンジニア

スタジオ録音からライブ録音までオールマイティにこなせるように、理論や知識だけでなく、ロックからクラシックまで、さまざまなジャンルの音楽に対する感性を養います。

MAエンジニア

MAエンジニア

映像作品のオーディオトラックに関するスペシャリストのこと。オーディオがビデオにおよぼす影響を豊富なサンプルをもとに検証し、シンクロのタイミング等を肌で覚えます。

マスタリングエンジニア

マスタリングエンジニア

DVDのオーディオパートやCDのマスター音源の作製技法を修得。アーティストの意図、レコーディングエンジニアの意見に即した構成技術を実践的に身につけます。

Student’s Voice

指導してくださる先生方は現役で活躍されているプロだから、仕事の進め方などリアルタイムで聞けます。現場でのエピソードや仕事に対する姿勢もしっかり学べます。授業で学んだことはその場で理解すること。そして自分の中に落とし込み、その情報が必要な時に取り出せるような引き出しを作れるように授業に取り組んでいます。何事も自分から積極的にチャレンジする、遅刻・欠席はしないように頑張っています。入学してからプレスクールの講座内容には深い意図があったことに気づきました。学んだことすべてを就職活動に活かしていきたいです。

コンサートPA専攻

感動と興奮のスイッチを握るサウンド・エフェクターになる。

絶妙のタイミングで効果を発揮し、コンサート&ライブ会場に感動と興奮の渦を巻き起こす音響のマジシャン。サウンド・エフェクトの理論に裏付けられた、PAをはじめとする各種装置・機器の操作方法をマスターできる喜び。アーティストたちをひと際、輝く存在に演出するテクニックとセンスを贅沢に、たっぷり時間を注ぎ込んで学べる空間が待っています。

Curriculum

  • ●PAスタッフ技術
  • ●舞台音響演習
  • ●音響演出技術
  • ●ミキシングトレーニング
  • ●システムプランニング
  • ●音楽知識
  • ●電気知識
  • ●舞台音響設備機構
  • ●ミキシングテクニック
  • ●舞台照明技術
  • ●PAスタッフ実践
  • ●舞台機材実践
  • ●クリエイティブプランニング
  • ●業界進出対策
  • その他就職対策科目

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

Field

PAエンジニア

PAエンジニア

PA(Public Address)はコンサート会場やライブハウスなどで、専門の機器を駆使して多様なサウンドを制作する技術職。活動の場は、他にも放送局やイベント会社、催事ホールなど。機械技術の知識とクリエイティブ性が求められます。

コンサートスタッフ

コンサートスタッフ

音響、照明、大道具・小道具、進行、オーディエンスの誘導など、コンサートにはさまざまな分野の人の力が必要。実際のイベントを体験し、役割分担の重要性を理解します。

ライブハウススタッフ

ライブハウススタッフ

コンサートスタッフに重なる部分もありますが、ドリンクやフードなどの料飲サービスとの兼ね合いも大切。マネージメントセンスが養える実習を豊富に用意しています。

Student’s Voice

PAになりたいと思ったきっかけは、中学校2年生の時に行ったアーティストのライブで音と光に感動したからです。駅から近いので体験入学に参加して、アットホームな雰囲気で学びたいと思い、入学を決めました。検定対策の授業で過去問を解いたり、対策本を買って友達と問題を出し合って、舞台機構調整技能士の資格を取得。PA会社でのアルバイトやインターンシップで、地域のお祭りやショー、学園祭などのPAスタッフとして働き、お客様や地域の出演者の方々が喜んでいる表情を見て、イベントに関わるPAをめざして頑張ろうと思いました。

コンサート照明専攻

降り注ぐ「光」に魂をこめて。

照射させるものは対象への思い。

ミュージシャンが、アクターがステージで映える瞬間、そこでは照明もまた、抜群のパフォーマンスを見せてくれます。一見、無機的な「光」は、操る人の魂が入ることによって、まるで生きもののように躍動する光彩のメロディーを奏でます。音響とのシンクロによって生み出されるライブアートの素晴らしさと醍醐味を、豊富に用意された実学の機会を通して、つかみ取ってほしい。

Curriculum

  • ●舞台照明演習
  • ●照明演出技術
  • ●舞台・テレビジョン照明知識
  • ●ステージ照明デザイン
  • ●システムプランニング
  • ●音楽知識
  • ●電気知識
  • ●舞台音響技術
  • ●照明スタッフワーク
  • ●舞台照明実践
  • ●テレビジョン照明技術
  • ●照明作品研究
  • ●業界進出対策
  • その他就職対策科目

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

Field

照明スタッフ

照明スタッフ

音響との相乗効果でオーディエンスを圧倒する照明技術を学びます。演出、舞台美術、PA/SRとの連動が重要になるので、ステージに関する幅広い知識の修得が不可欠。

コンサートスタッフ

コンサートスタッフ

音響、照明、大道具・小道具、進行、オーディエンスの誘導など、コンサートにはさまざまな分野の人の力が必要。実際のイベントを体験し、役割分担の重要性を理解します。

ライブハウススタッフ

ライブハウススタッフ

コンサートスタッフに重なる部分もありますが、ドリンクやフードなどの料飲サービスとの兼ね合いも大切。マネージメントセンスが養える実習を豊富に用意しています

Student’s Voice

体験入学で特待生制度のことを知り、勉強を始めました。まず、対策講座でもらったプリントを何回も解き、次はSPIの本で反復練習をしました。友達も応援してくれ、合格してとても嬉しかったです。親にもいい報告ができました。1年生の頃からずっと入っている照明の現場が2つあります。どちらもフレンドリーな方々ばかりで、時には相談に乗ってもらうこともあります。土日も仕事で大変だと感じることはありますが、好きなことをすることができて成長している自分を実感しています。平日の放課後はカフェでアルバイトをして、毎日充実した学生生活を送っています。

音楽イベント専攻

音楽シーンにおけるイベントを

プロデュースできるノウハウを修得。

ミュージシャンのコンサートやイベントを企画して、出演者やスタッフに指示を出し全体の運営をとりしきるコンサート制作のプロフェッショナルを養成。企画から、レコード会社やプロダクションとの出演交渉など、イベントプランナーに必要なノウハウを身につけるとともに、コンサートの運営に関わる、舞台知識や音楽プロデュース論など修得します。学内のライブホールで開催されるイベントを手がけながらプロになるために欠かせないコミュニケーションスキルも磨いていきます。

Curriculum

  • ●イベントプランニング
  • ●音楽史
  • ●音楽知識
  • ●プロダクション実践
  • ●ビジュアル表現技法
  • ●業界進出対策
  • ●制作実践
  • ●プレゼンテーション実践
  • ●イベント運営実践
  • ●アーティストプロモーション実践
  • その他就職対策科目

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

Field

レコード会社スタッフ

レコード会社スタッフ

CDメーカーという性質上、業務は企画・製作・製造・販売の4部門に大別。技術者としてもビジネスパーソンとしても活躍できるように、ヒューマンスキルも磨きます。

コンサートスタッフ

イベントプランナー

広告代理店、メディアの広告部門との企画から実行まで、一連の流れを講義と実習で理解。そのうえでイベントをプランニングするなど、実践的なカリキュラムを展開します。

ライブハウススタッフ

イベントプロモーター

イベント実行にともなう予算の配分・管理、クライアントとの折衝、宣伝、会場・機材・スタッフの手配、演出法などのプロセスを学び、プロモートの最新手法を修得します。

ライブハウススタッフ

プロダクション スタッフ・マネージャー

アーティストのスケジュール管理から、広く売り込むためのプロモーション、プレゼンテーション、ブッキングに至るまでをカリキュラムに沿って学び、実践していきます。

Student’s Voice

大学で4年に進級する際、何をやりたいのかわからなくなりました。そんな時にKVAのホームページを見て学校見学に行き、施設を見てワクワクしました。体験入学で先生方の話を聞いて、学校の魅力を知ることができました。中学の頃から音楽に携わる仕事に就きたかったので、KVAなら本気になれると思って入学。学校で学んだマーケティングを、商品のレイアウトや販売などCDショップでのバイトに活かしています。また、インストアライブや会場でのCD販売会でマネージャーの姿に感銘。自分もアーティストを育成し、支えていけるマネージャーになりたいです。