映画、3DCG、アニメーション、ミュージックビデオなどデジタル映像は、その美しさと迫力で人々を感動させます。

映像制作・演出に関わる技術に加え、3DCG、VFX、デジタルコラージュなどを学びながら、幅広い分野で活躍するためのスキルを身につけます。

インパクトからクオリティへシフト。

本物のリアリティを追求する。

CGの氾濫により、受け手の目が急速に肥え、評価の対象はクオリティそのものへと深まっています。

今やライバルは、実写映像や手描きのイラストレーションなどのアナログアート。

それだけ、アーティストの感性とソフトのバランスが重要視されます。

テクニックばかりでなく、美に対するセンスが試されようとしています。

Curriculum

  • ●3Dアニメーション
  • ●3DCG制作
  • ●CGディレクション
  • ●CGトータルワーク
  • ●コンポジット
  • ●VFX
  • ●モーションデザイン
  • ●映像デザイン
  • ●デジタルコラージュ
  • その他就職対策科目

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

Field

VFX(視覚効果)アーティスト

VFX(視覚効果)アーティスト

デジタル映像におけるエフェクト(爆発/発光)を担当します。実写映像では表現できない物をCGを駆使して表現します。

コンポジッター

コンポジッター

CGと実写映像との合成(コンポジット)を行います。カメラワークの調整(コマッチムーブ)および色の管理を行い、違和感がない仕上がりを行うためのスキルを磨きます。

モーショングラフィックス

モーショングラフィックス

タイトルや各種映像コンテンツのアクセントとなるグラフィック映像を制作します。2Dと3Dを組み合わせ、印象深い表現を生み出す技術と感性を身につけます。

牧野 氷河さん

最初は大学志望で日々受験勉強に明け暮れていました。しかし勉強の成果も発揮できず、志望大学に不合格。もともと映画関係の仕事に興味があったので、それが学べる専門学校を探すことに。そんな時、KVAが目にとまり、親や周りの人に相談して入学を決めました。親の負担を軽減するために、バイトを始めました。バイトがない日は閉館まで自主制作や勉強にあてて、バイトと両立するようスケジュール管理がしっかりできるようになりました。将来は、エフェクトアーティストとして、映画やCMの映像制作で活躍したいと思っています。