写真撮影の基本技術から、媒体に適した機材やデータ形式の選び方、暗室演習など写真に関するノウハウを幅広く修得。また、広告制作や出版のプロセスを専門的に学び、広告業界について把握します。キャンパス内での多彩なイベントを素材に、撮影技術やセンスを磨いていきます。

コマーシャルフォト

テクニックでイマジネーションを刺激。

ベストの瞬間を捉える感性を養う。

コマーシャルフォトとは、クライアントの依頼を受けて撮影される写真の総称。

独自のモチーフと撮影のノウハウを持つフォトグラファーは、それぞれの分野のビッグネームとして活躍しています。

デジタルカメラと親和性の高いフォトレタッチ(写真修正)技術とが相まって可能になった、あらゆる映像表現に挑戦してください。

Curriculum

【1年次前期】

  • ●写真基礎
  • ●写真ルーム
  • ●暗室演習
  • ●フォトテクニック
  • ●スタジオフォトワーク
  • ●デジタルフォトワーク
  • ●写真批評
  • ●夏休み明け写真集作成
  • ●合評会
  • ●手作り写真集制作
  • その他就職対策科目

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

【1年次後期】

  • ●写真ルーム
  • ●暗室演習
  • ●フォトテクニック
  • ●スタジオワーク
  • ●デジタルフォトワーク
  • ●写真批評
  • ●合評会
  • ●映像制作
  • ●業界EXPO
  • ●学年末作品写真展開催

Field

広告写真

広告写真

ポスターや雑誌(グラビア)に使用されるメインビジュアルは写真がほとんど。わかりやすさと質の高さが両立できるまで、実習スタジオで数多く撮影していきます。

デジタルフォト

デジタルフォト

デジタルカメラの撮影技法とレタッチソフトの操作スキルの両方をマスター。現実色と記憶色の差を知ることで、イメージ通りの映像表現ができるようになります。

ライブステージフォト

ライブステージフォト

めまぐるしく変化する照明、激しくプレーするアーティスト。その一瞬を切り取るという至難の業を、キャンパス内のイベントを利用して確実に身につけます。

画像クリエイター

画像クリエイター

斬新でオリジナリティあふれる映像の創造のために、さまざまなフォト表現を自分のものに。さらに、制作した作品をデータベース化し、将来のニーズに備えます。

ファッション&ブライダル

ファッション&ブライダル

美しさだけでなく、華やかさといった空気感、そしてエモーショナルなものまでもワンショットに収めるテクニックをマスター。あらゆる条件を想定した実習を行います。

Student’s Voice

明るく優しい先輩や先生方がいる学校で、スタジオカメラマンになるための知識や技術を身につけたい。大きなスタジオやたくさんの機材など設備が整っていることも入学の決め手でした。スタジオの授業では、ストロボやスタンドなどの機材の使い方、基本的なライティングやセッティングについて学ぶことができます。これからの自分にとって大事な土台になる部分なので、一生懸命頑張っています。将来はスタジオに勤めて、多くの人と協力して一つの作品を制作し、達成感や満足感を得たいと思っています。海外での活躍も実現したいです。

営業写真

人の一生の宝物になる記念写真。

想いと時間を色鮮やかに残して。

ブライダルフォトやキッズフォトなど写真館や結婚式場での撮影を仕事にします。

お客様とのコミュニケーション能力、マナー、営業力を身につけて、緊張と喜びに満ちた現場で一生に一度の瞬間を切り取る技術を身につけます。

Curriculum

【1年次前期】

  • ●写真基礎
  • ●写真ルーム
  • ●暗室演習
  • ●フォトテクニック
  • ●スタジオフォトワーク
  • ●デジタルフォトワーク
  • ●写真批評
  • ●夏休み明け写真集作成
  • ●合評会
  • ●手作り写真集制作
  • その他就職対策科目

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

【1年次後期】

  • ●写真ルーム
  • ●暗室演習
  • ●フォトテクニック
  • ●スタジオワーク
  • ●デジタルフォトワーク
  • ●写真批評
  • ●合評会
  • ●映像制作
  • ●業界EXPO
  • ●学年末作品写真展開催

Field

ファッションフォト

ファッションフォト

モード、ヘアスタイル、コスメ、ネイルなど多彩なジャンル別の個性が伝わるようにライティングの実習を行います。

ブライダルフォト

ブライダルフォト

一生に一度の喜びの日を永遠に宝物にするのはあなた。新郎新婦さんとのコミュニケーション力を身につけます。

松竹 利佳さん

高校1年生の時、体験入学に参加して写真業界で働きたいと思うようになりました。KVAではクールごとに作品をまとめて、合評会で評価してもらいます。同級生や先輩方の作品を見て、負けていられないと熱くなり、やる気がわいてきます。私にとって作品について考えることは、自分を見つめるいい機会になっています。何が撮りたいのか、どういうふうに見せたいのか、作品を完成させるためにつきつめていくこの時間を大切にしています。

写真作家

見たこと、感じたことの世界を提示。

感性を尖らせアートの領域に踏み込む。

被写体の細部が観察できるという点では、ムービーよりもスチール写真に軍配が上がります。これからも、その評価は動かしがたいでしょう。独自のテーマを追いかけ、オリジナルな世界を印画紙に焼き込むか、あるいは前人未踏の大自然の色合いを切り取ってくるか。世界のありようをストレートに捉えた写真は見る者の心を捉えて離しません。

Curriculum

【1年次前期】

  • ●写真基礎
  • ●写真ルーム
  • ●暗室演習
  • ●フォトテクニック
  • ●スタジオフォトワーク
  • ●デジタルフォトワーク
  • ●写真批評
  • ●夏休み明け写真集作成
  • ●合評会
  • ●手作り写真集制作
  • その他就職対策科目

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

【1年次後期】

  • ●写真ルーム
  • ●暗室演習
  • ●フォトテクニック
  • ●スタジオワーク
  • ●デジタルフォトワーク
  • ●写真批評
  • ●合評会
  • ●映像制作
  • ●業界EXPO
  • ●学年末作品写真展開催

Field

写真作家

写真作家

どのようにすれば写真にテーマ性を持たせることができるか、ドキュメンタリー系、アート系の2つの道から表現法を探求。作家の目と感性を高めていきます。

ポートレート

ポートレート

背景とともに、被写体の人間性まで写し込むには、コミュニケーション能力が不可欠。記念撮影から芸術写真までクリアできる技術とともにヒューマンスキルも磨きます。

浦田 怜那さん

高校では写真部に所属していてもっと写真について学びたい、写真関係の仕事に就きたいと思い、KVAの体験入学に参加しました。整っている施設・設備や先生との距離の近さを見て、ここでなら自分のペースで作品制作ができると思い、入学を決めました。写真批評の授業では的確なアドバイスやコメントをいただけ、学ぶことが多くとても充実しています。誰かの記憶に残るような写真が撮れるカメラマンになりたい。子どもからお年寄りまで幅広い世代の方とコミュニケーションをとり、出会いに感謝して、楽しみながら撮影したいと考えています。